戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.12.05_16:12
おくりびと(DVD)
〔★★★★★〕



誰もが経験する身内との別れを題材に描く。

納棺師、初めて知った。

人に理解されない職業。
後ろ指さされる職業。
人の死を利用して儲けてる印象だからかな?
しかし、昔から死体を片付ける職業は身分の低い人がやる物とされてきたからかも。
火葬場の人やごみの収集作業などもそうなのかも。

職業と結婚するわけではないが、チェロ奏者の妻が、納棺師の妻になるのは難しいかったのかも。
しかし、自分が選んだ人が選んだ道がどうあるか理解する努力は大切だと思った、長い人生共に生きるのだから。

自分だって、デザイナーだが、デザイナーができなくなる可能性もある、その後介護師になろうが、掃除のおばさんになろうが、「自分が選んだのはデザイナーのお前だ!」それでいいのか?とか言われても困るよな。

しかし、納棺のシーンでの、つい自分の身内との別れを思いだして、感情移入してしまう。
経験したした人にしかわからないかな?なんとも言えない、込み上げるもの。

身内の死が訪れて、バタバタとあわただしい時間が続く、その中での納棺の時間はじっくり別れを再確認させられてしまう時間なんだと思う。

「ホントに亡くなったのかな?」とか、亡くなったという別れとはどんなことか実感が湧かなかったり、
本当に死んだんだ、もうお別れなんだって。



おくりびとでの映画名言
「どうせ食べるならうまいほうがいい。」


縞模様のパジャマの少年(DVD)

〔★★★★☆〕



これは当時のナチスの軍人の家族の話をもとに書いたストーリー。
ガス室は家族にさえ言ってはいけないトップシークレット。

家族に至っては普通の生活…を送るはずだった。

異常が教育の家庭教師

家にいるパジャマを着た元医者お手伝い

パジャマを着た友達

ホロコーストをナチス軍人の家族側からみた話
少年の無邪気さが残酷

こころに残ったセリフ
「あいつや焼いても臭い」(青年将校のセリフ)


ホワイト・オランダー(TV)

〔★★★★☆〕



TVで何気なく観たらよかった映画。
娘役の子がめちゃくちゃきれい。

美貌、アーティストとしての才能、キャリア、そして愛する娘を手に入れた女性、イングリッド。自由で何もかも思い通りの人生のなか、たった一つ、手に入れられなかったものは、娘の人生だった。ホワイト・オランダーとは、白い夾竹桃(きょうちくとう)のこと。華麗で美しく、強い毒素を持つこの花は、イングリッドそのものを現している。ミシェル・ファイファーの凛とした表情が、その強さとしたたかさを存分に表現して印象的だ。



----母親が恋人殺しの罪で逮捕され、終身刑を宣告される。
----天涯孤独となった15歳の娘アストリッドは、3人の里親の下を転々とすることに。

アストリッドは環境が変わるごろに姿も性格も変わる。
思春期の娘だから環境に影響を受けやすいもの。
その様が手に取るようにわかる。

そして美しすぎるためにわざわざを起こす。
-1人目の里親の恋人を恋に落ち、銃で撃たれ負傷
-孤児院での荒んだ生活と恋
-やっと巡り合えた心の落ち着く生活2人目の里親、しかし…

数々の不幸の連続に自分が関わることで人を不幸にしているのではないかとさらに心を閉ざしていく。

アストリッドは3人目の里親を選ぶ時、みずからの意思で決めた。
3人目の里親はいろんな意味でいいね!アストリッドにも合ってたかも。

自分とは何か?
まだ出来上がってない少女が女性へをうつっていく時期だけに、
環境の影響化は大きい

数々の経験の中で彼女がやっとつかんだものは…


2010.10.03_09:17
ホリデイ(THE HOLIDAY)
〔★★★★☆〕



こんなにすてきな映画だったなんて!!
もうーところどころで涙がでてました。

女子には共感ポイントがいっぱいなのでは?

どっちにも共感。
こっちの気持ちも、あっちの気持ちもわかる!

環境を変えて、生活を変えて、
今までのうじうじしていた生き方からの脱却!

こころに素直に生きてみる。
行動してみる。

それでウキウキしたい!


51XHDZSH37L.jpeg

『スクール・オブ・ロック』(School of Rock)

★★★☆☆



ジャック・ブラック色全開の映画。

こんなデブがすてきに見えてくるのが不思議。

会社の人と結論にいたったのですが、ジャック・ブラックって日本で言うとこの“石立鉄男”

ブサイクでテンション高くて、暑苦しい。
なのに美女相手に主役をはれて、なんか人気。

なんか見れられない、、
だって設定に無理あるしって思っていたのに、最後には引き込まれて、
最後のライブシーンはリピートして観てしまった。

ジャック・ブラック・マジックですね。

さすがジャック・ブラック!

しかし、楽天レンタルで400ぐらい登録してるのに、
スクール・オブ・ロックとホリデーが届いた、、、
わざとだとしか考えられない!!!

しかも、2つ観終わって、次にきたのがナチョリブレ....

これは、発送してる人の策略...?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。