戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


縞模様のパジャマの少年(DVD)

〔★★★★☆〕



これは当時のナチスの軍人の家族の話をもとに書いたストーリー。
ガス室は家族にさえ言ってはいけないトップシークレット。

家族に至っては普通の生活…を送るはずだった。

異常が教育の家庭教師

家にいるパジャマを着た元医者お手伝い

パジャマを着た友達

ホロコーストをナチス軍人の家族側からみた話
少年の無邪気さが残酷

こころに残ったセリフ
「あいつや焼いても臭い」(青年将校のセリフ)
『縞模様のパジャマの少年』(The Boy in the Striped Pyjamas、アメリカではThe Boy in the Striped Pajamas)は、ジョン・ボインの小説、及びそれを原作とした映画。2006年出版。

ブルーノは軍人である父親の仕事の都合でベルリンから遠く見知らぬ土地へ引っ越してきたが、遊び相手もおらず、退屈な日々を過ごしていた。ある日、探検に出かけ、巨大なフェンス越しに縞模様のパジャマの少年と出会う。二人に友情が芽生えるが…。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://is1009.blog68.fc2.com/tb.php/171-54fb316b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。