戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.19_12:23
エリザベスタウン (Elizabethtown)

★★★☆☆



ふるーい感じの音楽がいいです。
キルスティン・ダンストがめっちゃくちゃかわいい!!
うーんあんな規格外の女性になりたい。

父と子の物語。

父と母が恋人同士であったころを感じさせるシーンがすてき。

負け組の幸せ?

負け組だって幸せです。

そう、愛する、愛される人がいっぱいいるから。

人生の成功の勝ち負けでは幸せは計れない。

幸せって感じた人が勝ち。
『エリザベスタウン』(Elizabethtown)は2005年製作のアメリカ映画。キャメロン・クロウ監督。
キャッチコピーは「すべてを失った僕を、待っている場所があった――」。

ストーリー

シューズ会社に勤務するドリュー(オーランド・ブルーム)は、自らがデザインしたシューズが大失敗し、約10億ドルもの損害を出してしまい、会社をクビになる。恋愛もうまくいかず、絶望に打ちひしがれたドリューは自殺を決意する。そんな時父親の訃報を妹に知らされ、飛行機でケンタッキー州エリザベスタウンに帰郷する。ドリューは機中で世話焼きなフライトアテンダント、クレア(キルスティン・ダンスト)に出会い、次第に生きる喜びを見出していく…。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://is1009.blog68.fc2.com/tb.php/150-a99feed1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。