戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
Hedwig And The Angry Inch

★★★★★



ヘドウィグの愛と苦悩の歌に泣けた。

深い。

特に愛が生まれるの歌の詩が好き、本当に深い。

ロックです。

哀しみ

怒り

嘆き



ひとつひとつの詩が胸にささる

ミュージカル映画苦手でも見れると思う!

Amazon.co.jp
東西冷戦時代に性転換手術をして東ドイツからアメリカへとやってきたヘドウィグは、手術のミスで残された股間の「怒りの1インチ」に苦悩し続けながらも、ロックシンガーとして活動を続けていくが…。
あのデヴィッド・ボウイも大ファンだというオフ・ブロードウェイの大ヒット・ミュージカルの映画化。舞台同様、映画版でも脚本・監督・主演を務めるジョン・キャメロン・ミッチェルの、あらゆる性や思想の別を超越させての魂の叫びが、ストレートに観る者の胸を打つ。自曲を盗んでスターとなった恋人のコンサート会場付近でライヴを行う、ヘドウィグの怒りと哀しみが入り交じった熱唱に涙してしまう。見かけは派手だが、実はエモーショナルな温かさに満ちあふれた秀作。あの浜崎あゆみも映画を観て号泣したとか。(的田也寸志)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ロングランヒットした同名ロックミュージカルを、舞台と同じくジョン・キャメロン・ミッチェルが監督・脚本・主演AaK映画化。性転換手術を受けた主人公のロックシンガーの魂の叫びをグラムロックに乗せて描く。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://is1009.blog68.fc2.com/tb.php/147-caf37ba3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。