戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルー・ゴールド 狙われた水の真実
www.uplink.co.jp/bluegold/

★★★★★



まだ観ていない人すべてにみてほしい。
全て真実。

観てから水についての扱い方が変わるかも。

金と権力によって、共有財産であるはずの水が【商品】として人から奪われていく。

ペットボトルのを採掘される地域では、水が枯渇していく。

特に興味があったのが「バーチャルウォーター」。
グローバル化によって、様々が品物(商品、作物etc...)が世界中を物流していく。
それによって持続可能されない、生態系の歪み。

水があったところには消費されず、巡回されなく、枯渇していく。
人の欲望による資源開発による滅亡だけでは語れない、構造の問題。

水が“タダ”だった時代はすでに遠く昔の話だった。
まずは、毎日消費する飲料水にペットボトルの飲料水(水だけではなく)あまり買わないこと。
買っても国産の物を買いたい。

ダム問題も真剣に勉強しよ。

消費者が事実をしり、賢く選択する。
それぞれの地域で身の回りから変えていくことが大切なのかな。。

もっと大きな問題と戦わないとならないこともありそう。
しかも巨大が権力。

話が変わるが、ミヒャエル・ハネケの映画(見てないけど、怖くて。)で、
危機的な災害が起き、ヨーロッパ中が水と食料不足に陥り、
家族が多く、病気の子どもを抱える女性は、自分の「体」と引き替えにしてまで水を手に入れようとするって
ってのがあったな。


ながなが書いてしまったけど、つまりいろんな人に知ってほしい。
次世代の人たちが幸せに生きていけるように。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://is1009.blog68.fc2.com/tb.php/140-64668f10
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。