戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.25_16:49
51JSC85XHCL.jpeg


トラブル IN ベガス
( ELVIS HAS LEFT THE BUILDING)

★★★☆☆



「この監督ってエルビスの物まねの人が嫌い?」って言う映画です。

コメディー?サスペンス?ラブコメ?
部類がよくわからない.......

でも、おかしい!

ほんとうまいことうまいこと、変な事故死をああいくつも思いついたな。って感じ。

観終わったら、エルビスが聞きたくなります。

けっして物まねはしないでね。
解説
ピンクのキャディラックのオープンカーを走らせ、ピンクのスーツに身を包む、ピンクレディ化粧品販売員ハーモニー・ジョーンズ。彼女が通った後には、1体、また1体と、エルヴィス・プレスリーのそっくりさんの死体が残されていく。"私は何もしていないのになぜ?"と、悩むハーモニー。そして、ある日、彼女が一目惚れした男性は、エルヴィスのコスプレ用衣装を持っていた...。

キム・ベイシンガー主演のちょっと奇妙な味のラブ・コメディ「トラブル IN ベガス」。ベイシンガー演じる主人公は、ゴージャスな美貌と純真な心を持つコスメティック販売員ハーモニー。なぜかエルヴィスそっくりさんの死に立て続けに遭遇し、やむなく逃避行する女性役を「8 Mile」(02)、「セルラー」(04)とヒット作の続くキム・ベイシンガーが、キュートに好演。「ウェインズ・ワールド2(未)」(93)以来、久々にコメディエンヌぶりを堪能させてくれる。

そんなヒロインと出会って、互いに恋に落ちるマイルスを演じるのはTV「セックス・アンド・ザ・シティ」(98)に出演、大ヒットラブ・コメ「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」(02)のギリシャ系ヒロインの恋人役を演じたジョン・コーベット。
今回はエルヴィスそっくりさん事件に巻き込まれて、コメディ演技も披露、エルヴィスのコスプレも一瞬だが見せてくれる。また、彼が離婚しようとしているコスプレ・マニアの妻役は「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」(99)、「ラブ・アクチュアリー」(03)のデニース・リチャーズ。彼の広告代理店の部下役で『ロード・オブ・ザ・リング』3部作(01?03)のショーン・アスティンが共演。他に、ハーモニーの親友役は「ゴースト・バスターズ」(84)シリーズのアニー・ポッツ、彼女の母親役は「ペイ・フォワード 可能の王国」(00)のベテラン女優アンジー・ディキンソンが演じている。


 このユニークなラブ・コメを監督したのは、ラブ・ストーリーとしては「タイタニック」に続き世界興行収益第2位を記録した大ヒット作「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」(02)のジョエル・ズウィック。彼は新鋭コンビ、アダム=マイケル・ガーバーとミッチェル・ガーネンが書いた脚本のスマートさ、ユニークさ、そして可笑しさに惚れ込んで映画化することを決意。
彼の才能と人柄に惹かれる名優たちが彼の元に集合した。ラブ・コメの名手ズウィックが惚れた奇想天外な恋愛コメディを、キム・ベイシンガーとジョン・コーベットというゴージャスな主演俳優コンビを得て映画化したのが、この「トラブル IN ベガス」なのだ。



ストーリー【ネタバレの可能性あり】
ピンクのスーツに身を包む金髪の美女、ハーモニー・ジョーンズの職業は、ピンク・レディ化粧品のセールス・レディ。販売成績抜群の彼女は、全米各地で開催されるピンクレディ販売員と顧客たちの集会を訪れ、ピンクレディ化粧品のすばらしさについて講演をして廻っている。

そんなハーモニーの愛車がピンクのキャディラックのオープンカーなのは、その職業のせいではなく、エルヴィス・プレスリーが同じ車を愛していたから。というのも、ハーモニーの母親は、エルヴィスの故郷メンフィスで自動車修理工をしており、子供時代のハーモニーは母親の工場を訪れたエルヴィスとドライブをして心を通わせたことがあるのだ。

ところが、このエルヴィスとのつながりは、ハーモニーを奇想天外な運命へと導いていく。ハーモニーは、講演会に参加するために旅する途中で、なぜか次々にエルヴィス・プレスリーのコスプレをする人物と遭遇。しかも彼らはみな、思いも寄らない偶然から不慮の死を遂げてしまうのだ。ハーモニーは、彼らの死には関係ないのに、なぜか常にその場に居合わせてしまい、犯人と間違えられるのを恐れて逃走する。そして、"私がエルヴィスのコスプレをする男性に接触すると、その人に不幸が起こる?!"と彼らに近づくのを恐れるようになる。

が、そんなとき、ハーモニーの愛車を気に入って彼女に声をかけて来た男性が、マイルス・タイラー。彼女はマイルスこそ運命の男性だと感じるが、彼がエルヴィスのコスプレ用の衣装を持っているのを発見。彼を不幸にしないために、彼から逃げ出してしまう。しかし、実はその衣装は彼のものではなく、離婚間近の彼の妻のもの。ハーモニーに一目惚れしたマイルスは、彼女を追いかけていく。

一方、この"謎のエルヴィスそっくりさん連続事件"は、ちょっとマヌケなFBI捜査官コンビによって捜査されていた。彼らは現場にハーモニーの口紅跡が残されていたことから、ハーモニーを事件の容疑者として追跡していく。

そして彼らが行き着くのは、ラスベガスで開催されるエルヴィスそっくりさんコンテストの会場。ハーモニーははたしてFBI捜査官の追跡から逃れることができるのか?
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://is1009.blog68.fc2.com/tb.php/127-415991bd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。