戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ファーストフード・ネイション
(Fast Food Nation)
★★★★★



かなりメジャーな俳優、女優、ミュージシャンまで勢揃いなのに、まずはびっくり。

イーサン・ホーク
アヴリル・ラヴィーン
ブルース・ウィリスがでています。

グレッグ・キニアとポール・ダノはリトル・ミス・サンシャインの父と兄役でていた。

「これ見たらファーストフード食べれなくなるよ」
そうゆうおすすめのされ方で、まじで!!って思ってみてみました。

うん。
食べれなくなる。

食って怖い。

資本主義社会って怖い。

すべては金と権力で、情報も操られ、真実さえもわからなくなる。

何か行動を起こす事はテロリストではない。

事実を知り、判断する。

事実を伝える。

それが大切。

『ファーストフード・ネイション』(Fast Food Nation)は、2006年に公開されたアメリカ映画。原作はエリック・シュローサーの『ファストフードが世界を食いつくす』で、シュローサーはこの映画の脚本も手がけている。シュローサーはドキュメンタリーを製作しようとしたが、撮影が難しいと判断しドラマを作ることにしたという。[2]
2006年5月19日にカンヌ映画祭コンペティション部門で初上映され、同年11月にアメリカで一般公開された。日本ではアメリカに1年3カ月遅れて2008年2月に公開された。
セックスや麻薬の表現があるため、MPAAはR指定している。

監督 リチャード・リンクレイター
製作 ジェレミー・トーマス
ジェフリー・スコール
マルコム・マクラーレン
脚本 エリック・シュローサー
リチャード・リンクレイター
出演者 グレッグ・キニア
イーサン・ホーク
パトリシア・アークエット
アヴリル・ラヴィーン
カタリーナ・サンディノ・モレノ
クリス・クリストファーソン
ポール・ダノ
撮影 リー・ダニエル
編集 サンドラ・エイデアー
配給 フォックス・サーチライト
日本:トランスフォーマー
公開 日本:2008年2月16日

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://is1009.blog68.fc2.com/tb.php/101-ba48b2b7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。