戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7年目突入!!

観たものをつづっていったのでまとめてみます。
あくまで、自分の覚え書き。
たいしていいコメント書いてないけど。劇場とDVDとごちゃごちゃですいません。

ついでにランキング。
2010年のランキング。

1位◎ミツバチの羽音と地球の回転〔★★★★★〕
原発問題と環境問題は決して切り離してはいけない……………

2位◎ロード・オブ・ドッグタウン(DVD)(LORDS OF DOGTOWN)〔★★★★★〕
青春や挫折、葛藤……………

3位◎アバター[Avatar]〔★★★★★〕
ちょっとなめてました。すごくよかった。……………

4位◎ファーストフード・ネイション(DVD)〔★★★★★〕
これ見たらファーストフード食べれなくなるよ ……………

5位○フラガール(DVD)〔★★★★★〕
次の日まで目が腫れました。……………

6位○ブルー・ゴールド 狙われた水の真実〔★★★★★〕
まだ観ていない人すべてにみてほしい。……………

7位○サラエボの花(DVD)〔★★★★★〕
女性のすべてが詰まってる。……………

8位○おくりびと(DVD)〔★★★★★〕
誰もが経験する身内との別れを題材に描く……………

9位○ホリデイ(DVD)〔★★★★☆〕
こんなにすてきな映画だったなんて!!……………

10位○縞模様のパジャマの少年(DVD)〔★★★★☆〕
ガス室は家族にさえ言ってはいけないトップシークレット……………

●キンキーブーツ〔★★★★☆〕
ただの首切りではなく、今までの技術を持った職人を活かして新たなチャレンジに望む希望ある映画……………

●キャタピラー〔?????〕
今回は星なんか付けられない。他の映画と一緒に評価するべきものじゃない。……………

●実録・連合赤軍 あさま山荘への道程〔★★★★☆〕
この映画は『突入せよ! あさま山荘事件』をみて、「権力側からの視点でしか描いていない」……………

●扉をたたく人〔★★★★☆〕
彼のむなしさを救ってくれた青年とジンベとの出会い……………

●ホワイト・オランダー(TV)〔★★★★☆〕
TVで何気なく観たらよかった映画。娘役の子がめちゃくちゃきれい……………

●いのちの食べかた〔★★★★☆〕
牛の出産、屠殺あたりが画面を直視できなかった、、……………

●スクール・オブ・ロック〔★★★☆☆〕
ジャック・ブラック色全開の映画……………

●ジプシー・キャラバン〔★★★★☆〕
あまり知られていない、ロマ族の事実……………

●Dr.パルナサスの鏡〔★★★★☆〕
テリー・ギリアムっぽい作品ですね。……………

●パブリック・エネミーズ[Public Enemies.]〔★★★★☆〕
時代背景に合わせた昔の映画風な作り……………

●エリザベスタウン〔★★★☆☆〕
キルスティン・ダンストがめっちゃくちゃかわいい!!……………

●トラブルINベガス〔★★★☆☆〕
「この監督ってエルビスの物まねの人が嫌い?」って言う映画です……………

●10日間で男を上手にフル方法〔★★★☆☆〕
意外とこうゆうアメリカのラブコメ好きです……………

●ナチョ・リブレ 覆面の神様〔★☆☆☆☆〕
 ちょっと世界観がわからなかった。

●ナイスの森 The First Contact〔☆☆☆☆☆〕
 ちょっと世界観がわからなかった。

スポンサーサイト

2010.12.05_16:12
おくりびと(DVD)
〔★★★★★〕



誰もが経験する身内との別れを題材に描く。

納棺師、初めて知った。

人に理解されない職業。
後ろ指さされる職業。
人の死を利用して儲けてる印象だからかな?
しかし、昔から死体を片付ける職業は身分の低い人がやる物とされてきたからかも。
火葬場の人やごみの収集作業などもそうなのかも。

職業と結婚するわけではないが、チェロ奏者の妻が、納棺師の妻になるのは難しいかったのかも。
しかし、自分が選んだ人が選んだ道がどうあるか理解する努力は大切だと思った、長い人生共に生きるのだから。

自分だって、デザイナーだが、デザイナーができなくなる可能性もある、その後介護師になろうが、掃除のおばさんになろうが、「自分が選んだのはデザイナーのお前だ!」それでいいのか?とか言われても困るよな。

しかし、納棺のシーンでの、つい自分の身内との別れを思いだして、感情移入してしまう。
経験したした人にしかわからないかな?なんとも言えない、込み上げるもの。

身内の死が訪れて、バタバタとあわただしい時間が続く、その中での納棺の時間はじっくり別れを再確認させられてしまう時間なんだと思う。

「ホントに亡くなったのかな?」とか、亡くなったという別れとはどんなことか実感が湧かなかったり、
本当に死んだんだ、もうお別れなんだって。



おくりびとでの映画名言
「どうせ食べるならうまいほうがいい。」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。