戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


e0162729_21474231.jpeg

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

★★★★☆



前回の続きで若松孝二オールナイトの2本目。

こちらにトークに出ていたARATAが出演しています。

『あさま山荘』事件。
トークの中で、監督が何度も言っていたが、この映画は『突入せよ! あさま山荘事件』をみて、
「権力側からの視点でしか描いていない」、真実は描かれていないとの怒りよりつくられた映画です。

なので、『あさま山荘事件』と言うよりは、60年~70年始めごろまでの連合赤軍の話。

なぜ彼らは『あさま山荘』にいたったか?
『あさま山荘事件』だけピックアップして、センセーショナルに映像化した、
ただの凶悪犯と(善である)警察との戦いのように画かれる“突入せよ!”とは、
対照的に1960年の安保闘争から、順を追って彼らをえがいている。

ここには時代が生んだ若者がえがかれている。

「世界を変えるといい気になっていた(重信 房子)」

熱い思いが武力行使へと走らせた。

自分たちの「正しいもの」への思いが“内ゲバ”を作っていった。

決して美化しているわけではない。
美化してはいけない。



トークの中で分かったことだが、若松監督は役者の演技と動きを見てからカメラの位置を決めるそうです。

それってそうとうすごいことだよね?

あれだけたくさんの映画を撮り続けてからなせる技。
経験値があるからこそ、最終的にどのような構図になる、仕上がりができるってことが頭に体に入っているってことだと思う。

しかし、永田洋子役の並木愛枝さんの悪人っぷりはすごかった。
坂井真紀の日本映画批評家大賞の助演女優賞の方が話題になっているけど、
私は並木さんがめちゃくちゃやばかったと思う。

若松監督は並木さんの出演作を見て、次撮る映画への出演を監督から依頼され、
他はオーディションだけど彼女だけ永田洋子役にと決まっていたそうだ。

彼女の他の作品もっとみたくなった。

スポンサーサイト

2010.09.27_09:45
c.jpeg


キャタピラー CATERPILLAR

(?????)
↑今回は星なんか付けられない。
他の映画と一緒に評価するべきものじゃない。



すさまじい。
しょっぱなからガツンと衝撃的な映像からスタート。

心臓に悪い、バクバクいってる。

エロスと恐怖と人の心の闇の世界。

これはありのままの人の世界の話。

人は弱い。

環境によってよくも悪くもおかいしくもいくらでもなる。

死 暴力 欲望 恐怖

戦争という狂気の世界で、それに屈せず、
心が壊れない人の方がむしろおかしいのではないかと思うぐらい。

いーもーむーしーコーロコロ.................


けっして戦争を美化してはいけない。

あれだけの憎悪を一度に生み出す戦争など二度とあってはならない。
現在進行系で世界のどこかで今でも起こってること。

これは観るべき映画です。覚悟ができたらどうぞ。




もともと、この監督の映画は何十年か前に1本だけみたことがある。
サニーデイサービスの曽我部恵一が若松監督のファンで、サニーデイサービスのライブ(何曲か?1曲?恋におちたらを聞いたのはめちゃくくちゃ覚えてる)とトーク、そして、若松孝二の「ゆけゆけ二度目の処女」の上映のイベントがあった。

友達に誘われてなんとなく行ったこのイベントで、たぶん10代(18か19)にいきなり若松孝二のとくにピンク時代の映画はかなりの衝撃だった。
強姦と殺害が繰り広げられているのに、純愛が描かれている.....


先日、若松孝二オールナイトに誘ってもらって、女子2人で観に行った。
「キャタピラー」ヒット記念! ~若松孝二オールナイト~

豪華絢爛~ゲスト11名・若松孝二オールナイト!!!

豪華ゲストのトークと「キャタピラー」と「実録連合赤軍あさま山荘への道程」の2本立て。
きっとこればハードだ!!って思ったけど、とてもよかったです。
しかし、その後夢見が悪い。


余談。
元ちとせの歌が良かったです。



2010.09.25_16:49
51JSC85XHCL.jpeg


トラブル IN ベガス
( ELVIS HAS LEFT THE BUILDING)

★★★☆☆



「この監督ってエルビスの物まねの人が嫌い?」って言う映画です。

コメディー?サスペンス?ラブコメ?
部類がよくわからない.......

でも、おかしい!

ほんとうまいことうまいこと、変な事故死をああいくつも思いついたな。って感じ。

観終わったら、エルビスが聞きたくなります。

けっして物まねはしないでね。


2010.09.23_12:48
images.jpeg


いのちの食べかた
(Unser täglich Brot、英語題:Our Daily Bread)

★★★★☆




(いまさら)いのちの食べ方をようやく鑑賞。

牛の出産、屠殺あたりが画面を直視できなかった、、

分かっていながらも、改めて見ないと感じない食のありがたみ。

大切にいただかないと。大切に。

特典に監督のインタビューがあった。

撮ったきっかけは食の大量廃棄問題。

たくさん作って、安く売って、作りすぎたら価格が下がるから捨てる。

経済中心で回っている世の中。

安く売るための、効率よく機械化され、いのちを生産する。

必要な分だけ作って、必要な分だけ消費できれば一番いいのにな...

大切な、大切ないのちをいただいている事を忘れてはいけない。


『10日間で男を上手にフル方法』 (How to Lose a Guy in 10 Days)

★★☆☆☆



意外とこうゆうアメリカのラブコメ好きです。
こうゆう映画を「キューティー映画」と言うそうです。

文化がわかるのがおもしろい。

日本で言うとこのぶりぶりの女性のただのバカとされる、
人をまねしてわがままし放題!

それぞれのキャストの部屋のインテリアや、わがまま女性に扮している時のアンディの服装の変化とか細かくみると細部に気をつかっていておもしろい。

しかもこのアンディ!!
『あの頃ペニー・レインと』のケイト・ハドソン!!


かわいい----------!!!!!!!
ケイト・ハドソンなら、なんでも許されるよね。

200本のたばこ出てるね。
と、言うか主役?!
コートニーとクリスティーナ・リッチ目当てで、ずいぶん前に見たからあんまり覚えてない。。
もう1度ケイト・ハドソン目当てで見よー。




2010.09.19_12:23
エリザベスタウン (Elizabethtown)

★★★☆☆



ふるーい感じの音楽がいいです。
キルスティン・ダンストがめっちゃくちゃかわいい!!
うーんあんな規格外の女性になりたい。

父と子の物語。

父と母が恋人同士であったころを感じさせるシーンがすてき。

負け組の幸せ?

負け組だって幸せです。

そう、愛する、愛される人がいっぱいいるから。

人生の成功の勝ち負けでは幸せは計れない。

幸せって感じた人が勝ち。


2010.09.17_20:23
『扉をたたく人』(原題:the Visitor)
http://www.tobira-movie.jp/

★★★★☆



IIDのジンベワークショップに行く計画をしていた時、一緒に行く人がおすすめしてくれた!

教授のようにすぐにはうまくならなかったけど、、、

せつない。
アメリカの現実。

彼のむなしさを救ってくれた青年とジンベとの出会い。

音を自由に奏でるジンベ。

体で感じ、叩く。

アタマで考えるより体で感じる。


シリア系男性のタレクを救うべく悪戦苦闘。
目の前に立ちはだかるのは

あの

9.11

「オレはテロリストか?」

国家に逆らることは、たった1人の人間では不可能で空しく、もどかしく、怒りを覚える。

人が普通に幸せに生きているだけなのに。


余談ですが、映画の中にできてきたFela Kuti 。
ちょうど、昨年のアムネスティのイベントでピーターバラカンの話ででていたため、
聞いていた。

セネガル・グリオ出身のサバール奏者アッサン・ヂャバイ Assane Djabye



実際はFelaはコンガでジンベは使ってないらしいけど。

Felaいいです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。