戯れ言日記
日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..
プロフィール

ma+sa

Author:ma+sa
--A worthless story diary--

日々の気になったことについて書いてます。映画・音楽・仕事etc..

このblogの説明
↑まずはこちらを

カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
グリムス
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
本棚

QRコード
QRコード
登録ツールズ+

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.23_12:48
images.jpeg


いのちの食べかた
(Unser täglich Brot、英語題:Our Daily Bread)

★★★★☆




(いまさら)いのちの食べ方をようやく鑑賞。

牛の出産、屠殺あたりが画面を直視できなかった、、

分かっていながらも、改めて見ないと感じない食のありがたみ。

大切にいただかないと。大切に。

特典に監督のインタビューがあった。

撮ったきっかけは食の大量廃棄問題。

たくさん作って、安く売って、作りすぎたら価格が下がるから捨てる。

経済中心で回っている世の中。

安く売るための、効率よく機械化され、いのちを生産する。

必要な分だけ作って、必要な分だけ消費できれば一番いいのにな...

大切な、大切ないのちをいただいている事を忘れてはいけない。

スポンサーサイト

ジプシー・キャラバン
WHEN THE ROAD BENDS:TALES OF A GYPSY CARAVAN

★★★★☆



あまり知られていない、ロマ族の事実。
歴史の中で迫害されつづけながらも、強く生きていく人たち。

「耳に残るは君の歌声」をみて、ロマ族がユダヤ人と同じくジェノサイドの対象とされてたことを知る。

彼らの音楽には悲しみ、喜び、生きていくすべてが、強さ表現されている。

ツアーの様子と共に各国から集まった、ジプシーの1組1組の背景描かれる。

みなロマに誇りをもって生きている。

歴史で語られない物語を知ることは大切。

ぜひみてほしい。

ジョニーデップもちょっと出てるよ!!!


ミツバチの羽音と地球の回転

★★★★★


『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会
【日時】2010年8月7日(土)
黒磯文化会館(栃木)

300名近くご来場いただけました!!ありがとうございます!

1.午後の部:
 上映会+鎌仲ひとみ(映画監督)×藤村靖之(非電化工房)のライブトーク
 開場13:00開演13:30 
2.夜の部:
 上映会のみ 
 開場18:30 開演19:00 

【場所】黒磯文化会館 小ホール 
【料金】1,2共に、前売り1,000円、当日1,200円、 高校生以下は、何れの場合も800円
【問合せ】E-mail:info@earthday-nasu.org FAX:0287-37-5833

※託児ルームあります。
アースデイ那須実行委員会事務局



ううっとりあえず、みんな観て。
鎌仲監督の作品はある程度の客観性があって好きだ。
なのでありのまま観れる。

祝島をまずしい島にしたのももともとは国の政策が原因なのでは?
一次産業では限界?
自給率を上げようとしている国の政策の矛盾。

原発問題と環境問題は決して切り離してはいけない。

前作の六ヶ所村ラプソディーをみて衝撃だった。
自分と原発反対は別世界のことだった。
世の中がおかしい。
うまくまわってない。

これだけの人が原発のNO!と言っているのに、日本は原発を推進し続ける。

「エネルギーをエコにシフト」

もっとエネルギーを選べる時代にしなければ。
日本では風力エネルギーはコストがかかると聞いたけど、スエーデンでは安いのか!!びっくり。

「エネルギーはローカル化、多様化すべき(非電化工房の藤村さん)」

もっと選べることによってみんなの意思が反映されればいいのに。
しかしなぜか難しい。

きっとそれだけでない世の中の意識が少しずつ変わらないとならない。


7/25の座 高円寺での昼の部での上映会。
スペシャルトークに「未来の暮らしの選び方」
鎌仲ひとみさん/藤村靖之さん(非電化工房)/中村隆市さん((株)ウィンドファーム代表)/Yaeさん種まき大作戦実行委員長



鯛一本釣り祝島漁師の岡本さん!

一時間があっと言う間だった。。
最近、アースデー那須のボランティア参加して以来、なんどか非電化工房に言って藤村先生とも話してるので、藤村先生がトーク中はなぜか身内気分。あのメンツの中で「けっこう目立ってましたよ!」なーんて思いながら聞いてました。

「ここで生きていく」
この言葉をしっかりと実践して生きている説得力あるメンバー。
(私は中途半端だな..)

いろいろあるけど、大変なときもあるけど、その土地が肌にあった。
みんな愉しんで生活している理由はそれだけ。

感動したのは、映画だけでなくそこで収まらない鎌仲監督の力。
映画をきっかけに全国のいろんな同じ想いの有志がつながって新たなうねりになりだしていること。

そこにA SEED JAPANが絡んでないの寂しいな...
だって若い力が大切だもの。
→2010/9/30 新たな動きが!

この映画でも特に感じた!

(そのあとの同じ建物のカフェご飯してたら、トークの同じメンバーがお茶してた贅沢なメンバー...参加させてほしい...)

ブルー・ゴールド 狙われた水の真実
www.uplink.co.jp/bluegold/

★★★★★



まだ観ていない人すべてにみてほしい。
全て真実。

観てから水についての扱い方が変わるかも。

金と権力によって、共有財産であるはずの水が【商品】として人から奪われていく。

ペットボトルのを採掘される地域では、水が枯渇していく。

特に興味があったのが「バーチャルウォーター」。
グローバル化によって、様々が品物(商品、作物etc...)が世界中を物流していく。
それによって持続可能されない、生態系の歪み。

水があったところには消費されず、巡回されなく、枯渇していく。
人の欲望による資源開発による滅亡だけでは語れない、構造の問題。

水が“タダ”だった時代はすでに遠く昔の話だった。
まずは、毎日消費する飲料水にペットボトルの飲料水(水だけではなく)あまり買わないこと。
買っても国産の物を買いたい。

ダム問題も真剣に勉強しよ。

消費者が事実をしり、賢く選択する。
それぞれの地域で身の回りから変えていくことが大切なのかな。。

もっと大きな問題と戦わないとならないこともありそう。
しかも巨大が権力。

話が変わるが、ミヒャエル・ハネケの映画(見てないけど、怖くて。)で、
危機的な災害が起き、ヨーロッパ中が水と食料不足に陥り、
家族が多く、病気の子どもを抱える女性は、自分の「体」と引き替えにしてまで水を手に入れようとするって
ってのがあったな。


ながなが書いてしまったけど、つまりいろんな人に知ってほしい。
次世代の人たちが幸せに生きていけるように。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT
http://www.thisisit-movie.jp/theaters/
★★★★★



追加で年末に上映された時期に友達が誘ってくれて観に行った。
誘ってくれてありがと!!

最高!MJ!
彼は最高のエンターテーナー!

「数々の疑惑や噂など、どうでもいいじゃない」

って思ってしまう。

ダンス



演出

すべてがトップクラス

観客を別世界へといざなってくれる最高のパフォーマー!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。